<< 麻田浩展 : 京都市立美術館 | main | 現代美術の皮膚 >>
大徳寺の曝涼祭 : 牧谿筆観音猿鶴図
10月の第2日曜日の京都は見逃せないです。
年に一度、国宝牧谿筆観音猿鶴図が一般に公開されています。
インターネット上にいくつかその画像も見受けられますが、画像の質はほとんど悪いものばかりです。
(写真撮影は文化保護の名目上、禁止されています)

ホンモノのすごさ、という言い方は少々凡庸かもしれませんが、
やはりホンモノはすごかったというしかありません。

観音猿鶴図には、鶴図、観音図、猿図の3作の掛け軸で作品となります。
そのうちのひとつが欠けてしまうと作品の圧倒的な深淵性、幽玄性を損なわれます。

とくに、猿図の構成は、現代美術家ローラ・オーウェンズの作品で引用されています。

牧谿について、補足をすれば、牧谿という人物は南宋の代表的な画僧でした。
その水墨画は、当時の日本の水墨画において秀逸な模範の対象でした。

数ある牧谿の作品の中で、最高傑作と言える観音猿鶴図は、宗教性というだけでないと思います。
鶴図で見られる、絶妙な墨が織りなす自在かつ精緻な質感描写。
猿図における大胆なデフォルメ、その絶妙な構成、突き抜けた余白の美・・・。
観音図の下部の岩の表現は本当にスリリング。
周囲の描写が、中央の観音の存在をいっそう力強く、また深遠なものにしています。

外の陽の光が、床に当たり、その光が作品に映える形で参拝者は鑑賞します。
人の動きで作品の見え方は変わります。
掛け軸鑑賞の醍醐味です。
これは、美術館や博物館ではなかなか体験できない鑑賞の楽しみです。

暗がりの中で新たに確認できる筆致の後を確認できたりします。
(例えば、猿図の左下の鬱蒼とした葉の処理は、光の当たり方で見え方が変わります。推測ですが筆だけでは書いたのではなく、箒やブラシのような器具で描いたのではないでしょうか)

また、牧谿筆観音猿鶴図だけをみて満足してはいけないと思います。
所蔵作品が第一室から第六室まで展示されていますが(牧谿筆観音猿鶴図は第2室に展示されています)、第六室からちょっと離れた部屋に牧谿の小さな花の水墨画が掛けられています。

実にみずみずしく、作品のなかの花が今も息づいているかのような印象を受けます。
流麗な線の運び、自在な墨の濃淡は、すばらしいです。
その広い室内がパッと明るくなったかのような印象さえ受けます。
「宋易」と関係があるようです。

そのほか、秋に期間を限定して、黄梅院、真珠庵、聚光院、総見院、芳春院、興臨院、孤篷庵などを公開する場合もあります。
塔頭のうち常時拝観できるのは龍源院、瑞峰院、大仙院、高桐院の4か院です。
龍光院は常時非公開となっています。



京都市北区紫野大徳寺前73-1
:075-492-0068
拝観時間:9:00から16:30
拝観料:400円

交通アクセス
地下鉄烏丸線北大路駅よりバスにて大徳寺前下車

曝涼祭では特別拝観料として1300円が必要です。
図録は1000円。

宋元名画―梁楷・牧谿・玉〓 (1956年)
| 京都の展覧会 | 18:23 | comments(0) | - |
コメント
コメントする