<< 影のゆらぎ | main | BLOOMY GIRLS(ブルーミーガールズ)/高木正勝(たかぎまさかつ)作品集 >>
プライスコレクション「若冲と江戸絵画」展/愛知県美術館

eccentric & fantastic


プライスコレクションの日本での展示も終盤を迎えています。6月10日まで愛知県美術館で開催されています。
動植綵絵同様、ザ・プライス・コレクションの展示もしばらく行われないだろうと考えます。

まず、展覧会の印象です。
コレクションの内容がすばらしいということに尽きます。ジョー・プライスさんがアメリカの古美術店で「発見」した葡萄図、2時間、見ていても飽きません。
これは若沖初期頃の作品にあたるものですけど、まるで絵のなかの葡萄は今にも食べられそうなみずみずしさです。墨のグラデーションの幅だけで、彩り豊かな画面を作り出しています。とても大好きな作品です。

そして「鳥獣花木図屏風(ちょうじゅうかぼくずびょうぶ)」は様々な示唆を与えます。独創的なこの技法が江戸時代に試みられた事実。おそろしいことですね。
2007年現在の今個の作品を見てみてもとても独創的な技術です。
升目(ますめ)描きで点描の視覚効果とは似ても非なる、空間感をつくっています。近景〜中景の遠近がおもしろいのです。なんと言っても、写生のアプローチとその画面が濃密です。これに若沖の色彩感が加わるのですからたまらない。

明治維新後、日本の画家らが、西洋の絵画技法を貪欲に取り込んでいったのは善かれ悪しかれ周知の事実です。江戸期に若沖や抱一等の成した独自性がその後の日本の美術史の中に埋没していたことは残念で仕方ありません。
けして文化の混淆を避けるのではなく、素晴らしい伝統や慣習までも黙殺するべきではなかったのではないかと考えさせる作品です。
伝統とは何か、進歩とは?独自性とは?――鳥獣花木図屏風は、現代を生きるすべての人に様々な示唆を与えます。
クリエイターに限らず多くの人に、鳥獣花木図屏風で達成した若沖の軌跡は再考の価値があります。

他にも水墨画も展示しています。
若沖の軽やかな描線と、暴力的に感じられるくらいに簡略化された鶴や人のフォルム。
これはもうデフォルメなんて形容では済まされないものです。
まるでジョアン・ミロの絵画のようなシンフォニーを感じます。(ファンタジックな浮遊感でも共通する気がします)筋目の技法もあざといぐらい絶妙です。
第一級の抽象画のようです。

まだ観ていない人がいらっしゃったら是非観てほしいです。18世紀の日本のなかで芸術の前衛として活躍してた若沖の絵画世界を堪能できる最後(当分しばらくの間)のチャンスですからね!
ジョー・プライスさんの展示灯の明滅する装置にも驚きます。本当に絵が好きな人が考えだせうる装置ですね。

| 名古屋の展覧会 | 01:35 | comments(0) | - |
コメント
コメントする