現代美術の皮膚

芸術と生命


国立国際美術館で開催されている「現代美術の皮膚」を鑑賞しました。

ブースごとに参加作家の作品が展示されています。
小谷元彦さんの"SP2 NEW BORN VIPER"がどのようなものかとっても気になっていましたが、真正面からだけでなく、後ろからみても見飽きない上質な抽象画のように感じました。
アルミの平面にハリネズミのような無数のとげが否応なく、痛みを感じさせます。
優雅なフォルム、有機的な曲線は鑑賞していて心地よいです。
細部の骨格の構造にも目を見張るものがありました。

たんなる骨のようなものが有機的なフォルムで表現されることで
実に生き生きとした生命を感じさせます。

命・・・、そう、今回の企画展示に共通するテーマとして、現代に生きる私たちの生命そのものが含まれているかと思います。
美術館側のガイダンスに記されている「内と外」というテーマはあくまでサブに過ぎないと思います。
ありとあらゆる命がテーマ。
そしてこのことは、倫理とも関わるやっかいな問題です。

オルランさんのドキュメント写真は一見「痛々しい」ものでした。
彼女は自身の整形手術を衛星などの伝達手段で多くの人たちにオペの過程を公開するというパフォーマンスを行なっています。

作家自身が医師に自身の皮膚を預け、皮膚の形状を変えるパフォーマンス。
これをすでに9回彼女は行なっています。

人の、精神・・・、容貌や容姿へのコンプレックスから、行なわれる整形手術。
皮膚への人の関心は、心や命の問題と切り離せられないものであることを、彼女の作品は突きつけます。

ヤン・ファーブル。彼は、昆虫たちを自身の作品に取り込み作品としています。
大量の昆虫たちの死骸の集積は確かに抗えない魅力があります。
これが虚無に通じる世界観であったとしても、不思議な印象が残ります。
彼の生きた土地が戦場であったと言う言説を抜きにして、現代を生きるということの意味を深く問いかけてくる作品として成功していると思います。

生命と芸術の関わりを強く意識させられる展示です。
シャーマニズムから芸術が生まれていく過程で生命はどのように扱われてきたのかを改めて考えさせられます。古代エジプトのミイラ、古墳、城門の壁への生柱。生け贄。
強烈な思想や為政者の願望から、人や動物の生命と引き換えに、多くのものが建設され、開発され、創造されてきた人類史。
生命の代償と引き換えにアートに献身するというのもひとつの方法論です。
しかし、今回の展示の全体の印象にも通じますがどこか、疑念が残ります。

自他、プロセスの違いはどうあれ、生命という事象に対して参加作家の大半がどこか無邪気すぎる気がしてなりません。率直にいえば、あまりに制作動機があさはかに感じます。
あまりに私小説的レベルに終始している。

それが、現代のシャーマン(アーティスト = シャーマン)の流行りなのか、と捉えることはできます。
技術はどの作家もすばらしいのです。
どこか虚無の傾向があり、作家自身が救済されるためのヨリシロとして作品が制作されたのではないか。
あるいは、カオスや混淆を押し広げるための儀式として、今回の展示を位置づけるべきなのかも知れません。

見方によっては、グロテスクでもあり、エロティックでもあります。
その中には、嗜好を超えて、それが残酷であれ非情であれ、美しいものがあります。
芸術がこれまでの歴史で人、動植物といったあらゆる生命に対してどのようなことを要請してきたのか。

今回の展示は私にそのことを再考させてくれました。
シャーマンの生命や倫理、美意識、欲望や願い。
現代美術の今後の行く末を考える意味でもとても参考になる展示だと思います。
つまり、今回の展示には確かに虚無の痕跡があるからです。


| 大阪の展覧会 | 22:12 | comments(0) | - |
ギメ東洋美術館所蔵浮世絵名品展

河鍋暁斎が北斎のよりエネルギッシュでした


江戸絵画、浮世絵師の巨匠たち、北斎、写楽、歌麿などの展示が現在大阪市立美術館で行われています。

とくに、写楽の線の美しさを楽しむことができました。
河鍋暁斎(かわなべきょうさい)とエミール・ギメ氏との仏画を通した交流などを知ります。

展覧会自体は、江戸期の浮世絵をアーカイブ、俯瞰できるようになっています。

北斎の描いた龍図虎図の2つで対の作品というのは確かに真近でみても落款の位置、目線の一致など符合する点ばかりです。晩年の作ということか作品からは静けさのようなものを感じます。

ルーブル美術館の東洋部門の所蔵からフランス国立ギメ東洋美術館へ渡った経緯など、ルーヴル美術館の東洋美術コレクションが移管された経緯など興味深いです。
印象派の画家たちに浮世絵がどのように影響を与えたかを知る機会でもあります。

今回私の中で特に印象に残ったのは何と言っても、・・・、写楽でも北斎でも歌麿でもなく、河鍋暁斎の筋骨隆々な仏様の作品です。とても小さな作品で、歌麿のコーナーの展示会場出口付近にポツンと置いていますが、パワーに溢れています。
ひと昔前の若沖同様、河鍋暁斎の日本では正当に評価されていない印象を受けます。この件については、今後多くの美術研究者の尽力を期待したいものです。浮世絵に対する評価は未だに、パリで起きたジャポニスムという逆輸入からの価値観に依っているような気がしてなりません。
ですから、かりに凡作であっても、「浮世絵」というジャンルであればいいというものでもないような気がします。
印象派の作品へインスパイアを与えたという口実ですね。それだけの鑑賞では物足りないと思います。


今回のベストワークは、巨匠らの凡作ではなく、河鍋暁斎のエネルギッシュな作品だと感じました。


河鍋暁斎をご存知ないかたへ。ご参考にどうぞ。
http://www2.ocn.ne.jp/~kkkb/Kyousaij.html


雑誌のインタビュー(BT)で「河鍋暁斎がアツい」とおっしゃっていた松井冬子さんのことを思い出しました。


| 大阪の展覧会 | 15:50 | comments(0) | - |
聖地★巡礼

聖地★巡礼


国立民族博物館に行きました。
会場内は、映像が展開しています。同館の大森教授の民俗学を映像というメディアにアーカイブ化するという試みですね。ひとりの元陸軍勤務だった屈強な還暦を過ぎた男性に同行して、聖地巡礼に関わる人々をリサーチしています。美術館では味わえないものがありました。たとえば、ジョン・ケージの"4"33"が生への飽くなく希求、生への希求そんなことを抽象的ですが、感じることができました。

恐山でのイタコさんがたの記録映像、お遍路さんを巡る人々、そういったドキュメントも見ることができます。単に、聖地=宗教というものではなく、そのような巡礼を通して、人は自分の今まで生きてきた道、これからのことを見つめ直すことができる・・・、巡礼にはそのような機能が残っているようです。翻って、美術には、特に現代美術には、消費主義側面が濃厚です(そうですよね?)。善悪には関係なく、メセナ企業、公立美術館は戦略的に低予算で扱える現代美術を取り込んでいっています。税金を無駄に浪費する訳にもいきませんから、そのような経営戦略は妥当なことでしょう。しかし、実際に鑑賞する一人間の立場で考えて、ミュージアムショップの売上貢献や、入場者数のカウントダウンにはあまり興味が湧きません。
要は、観て、触れて、感じることができるのか。心に響くものがあるのか。そういうのがこれからますます重要なのではないでしょうか。

そういう意味で、今行われている聖地★巡礼展は興味深い展示です。
現代美術に多く見受けられる観ていて、単なる珍奇なもの、衝撃的なものは、何一つありません。しかし、この展示には人の心といったようなもの、悩みや苦しみ、口笛、喜び、苛立ち、まあ人生の縮図といっても差し支えない、脚色のないストーリーがあります。聖地に関する伝承が例え非現実的で荒唐無稽なものであっても、聖地を目指す人たちにとっては現実そのものです。彼らが聖地にたどり着き、「新しい自分を発見した」「生まれ変わった」という心境になることも、切実な彼らの現実です。



興味深いナレーションがありました。
「坂道だったら一心不乱に登ることだけを考えることができる。でも、平たんな道は何も辛くない。だからこそ、途中でクヨクヨ考えだすんだ」
まるで、このライフそのものを言い表したかのような言葉です(多分このような表現でした)。
巡礼は、肉体的にも精神的にも過酷だというのがわかります。彼らは、みんな、、孤独です。家族連れや仲間と一緒の巡礼者も大勢いらっしゃいましたけれども、やはり彼ら一人一人が内に抱えた問題とともに、自分と対話しながら、巡礼の歩みを進めていたのだと思います。

「歩け。歩きながら考え続けろ」

男性はそういいながら、或いはそう自分に言い聞かせながら、歩いていました。歩くことで、歩き続けることで、人生を考える。。。これは、何かの比喩ではなく、実際に私たち現代人が疎かにしてしまっている行為なのかもしれません。上映されていた短編映画もどれも興味深いものでした。二階に展示されていた幾多の映像アーカイブのなかで、私はすっかり「音楽」の映像に魅了されました。そこには、今まで見たこともないような楽器から溢れ出る美しい音色が奏でられていました。立命館大学生らのバーシャルシティ、鑑賞者の映像撮影に関する大森教授のアテンションもメディアリテラシーについて考えさせられます。或いは既存の公立文化施設の必然性を考えざるをえません。

    聖地★巡礼展は、
  • 最近、美術が心から楽しめない
  • 自分と対話するのが辛い
  • その他、現実的な諸問題についてじっくり考えたい


そのような人たちにおすすめできる特別展示です。自分探しを続けてる方にもヒントにはなるかもしれませんが、この展覧会を観ただけでは、自分は見つかりません。展覧会を観て、歩き続けるしかないようです。

続きを読む >>
| 大阪の展覧会 | 23:29 | comments(0) | - |
「脳!−内なる不思議の世界へ」

脳!−内なる不思議の世界へ


大阪歴史博物館でやっている「脳!−内なる不思議の世界へ」の展示を見に行きました。芸術に興味ない方にも楽しめる、興味深い展示になっています。

脳を取っ掛かりとして、考えかたそのものの再考を促すような展示になっています。

印象に残ったものから順に…説明しましょう。




人の横顔の輪切り



樹脂で固めてるそうですけど、人の皮膚部の頭部から生えている箇所や、横顔の輪郭を眺めていると、ここにある標本すべて、私と同様に呼吸をし、モノを考え、愛や人生の意味を考えあぐねた、同じ人間だったのだろうなと思います。

輪切りにされた横顔はところどころ朽ちていましたが、美しい女性の面影を残していました。

途中、学芸員の方が、剥き出し(樹脂でちゃんと固めている)の脳を触らないようにと教えてくれました。その流れで、いろいろ人の脳の進化について教えてもらいました。

剥き出しの脳も心ない人が触ったりしているせいか、ずれてカタチが崩れています。献体者の好意で、私たちは本物の脳を見ることが出来るんですから、イタズラする輩の気持ちが、私にはわかりません。

幻聴体験



第三部の展示で紹介されていた総合失調症の患者さんの幻聴、幻覚のシミュレーション。「空耳?錯覚??」ではすまされやすい、当の本人にとってリアルな統合失調症の幻聴体験。


こんな、狂った世界は、耐えられない・・・・。


こんな症状がずっと続いていたら発狂しかねない、と思います。
そう思います。だから鑑賞スペースにしきりや13歳以下の鑑賞を制限したりなど、していたのだな、と思います。

…夢に出そうです。

日本人にひとりの割合で、(120万人?!)統合失調症だと、言いますから、ちょっとした驚きでした。統合失調症患者さんへの多くの理解が必要だと思います。

見終わった後、アウトサイダーアートのことを思い出しました。
ヘンリーダーガーとか。

BMI



BMIをつかって猿の脳にICチップを直接埋め込んで、猿にロボットアームを操らせている映像もよかったです。
脳からの命令で機器を操作できるようにする「ブレイン・マシン・インターフェース」(BMI)。器用にお猿さんはロボットアームを駆使してエサを食べていました。




情けないことに、少々、体にこたえました。
(この文章書ききったら、横になります。)

私にとって、この展示はインパクトが強かったのです。

今世紀は人の脳内世界が「ありのまま」であるはずの社会すらも飲み込んでしまう近未来を確信しました。

今の脳科学の進歩と、人の止めどない欲求が続く限り、人の心の中=
「脳内世界」の具現化は目に、見えています。

そのわかりやすい例のひとつとして、インターネット空間があります。
ココも、人の集団欲、性欲、金銭欲によってどんどん増殖し拡大しているものです。

脳とネットの関わり。脳とコンピュータとの関わり。
脳の可塑性、ネットというひとつの大きな「脳」のような知の集合体。

「攻殻機動隊」のような電磁世界のリアリティの実現はもう、目の前です。

続きを読む >>
| 大阪の展覧会 | 22:57 | - | - |
ベルギー王立美術館展/杉本博司/国立国際美術館

ブリューゲル作品で見慣れない作品「イカロスの墜落」がありました。
これは、実際の作品を観に行くしかないな、と思い、国立国際美術館へと足を運びました。
最近、赤瀬川原平さんの「赤瀬川原平の名画読本―鑑賞のポイントはどこか」という本を読み、少し、意識して足早に作品を鑑賞してみようと考えました。

会場内には、ブリューゲルはもちろん、ペーテル・パウル・ルーベンス、ルネ・マグリット、ポール・デルヴォー、フェルナン・クノップフなどなど、絵画の巨匠たちの作品が並んでいます。

でも。そんなネームバリューに関係なく、サクサク会場内を廻り、気になった作品をもう一度見てみました。

そのリストはピーテル・ブリューゲル[父](?)<イカロスの墜落>、ピーテル・ブリューゲル[子]<婚礼の踊り>、ルイ・ガレ<芸術と自由>、ウィリアム・ドグーヴ・ド・ヌンク<孔雀>、エミール・クラウス<太陽と雨のウォータール橋、3月>、ポール・デルヴォー<夜汽車>。

ルーベンスの肖像画は巧いなと思いましたがサクサク観てしまいました。
この日の一番気に入った作品は・・やっぱり、「イカロスの墜落」です。いろんな角度から楽しむことができる先品です。

同時開催でコレクション展で展示していた杉本博司さんの作品も、展示の見せ方、空間の見せ方がすごいなと思いましたが個々の作品は・・・前森美術館で見たせいもあってか、どこかこじんまりした印象が拭えません。いつも不思議な感覚に陥るのが、 絵画を元にした蝋人形を肖像画風に撮影した写真作品です。また、観念の形シリーズの作品は、絵面ではなく作品のコンセプトや概念を楽しむ装置なのだろうな、などと改めて考えました。


続きを読む >>
| 大阪の展覧会 | 10:22 | - | - |
林俊作個展「爪で歩く者」

林俊作クンの2回目となる個展「爪で歩く者」をHEP FIVEまで観に行きました。

なかなかに、前回の個展とは趣が違います。

作品の数が関係してるのかもしれませんが、整然とした印象です。

彼の公開制作の場所は奔放な絵の具の後が残っていました。
人形アニメ(クレーンアニメ)も今回見ることができました。
CGでつくったのよりか、こっちの方が彼の持ち味が発揮されてて好きだなと思います。

ガウディのサグラダファミリア、ギリシャ神話、絵画の巨匠たちのモチーフなど、熱心に美術史を紐解き、自分の世界観に組み込んでいっているのだなと思います。ポップで特異に一見見える彼も美術史というコンテキストを見据え、じっくり作品作りをしているのだなと感心します。

会場の外では彼が絵を描いているところやクレーンアニメで作品を制作しているドキュメントが公開されていました。なかなか、いい感じに部屋が絵の具で汚れてて、いいな!と勝手に喜んでいました。クレーンアニメを撮影する姿もなんだか彼の描いたキャラクターたちが実際に起き上がり動き出したかのようでおもしろかったです。また、不定形な粘土が一瞬セクシャルな図像を描きだし、ハッとした瞬間が何度もありました。やっぱり林俊作クン、タダものではありません。

ティム・バートン監督との共同制作・・、楽しみにしてます。きっと実現すると思います。

今回はじめてとなる画集心臓とダチョウの羽―林俊作画集もキッチリ購入しました。リトルモア出版です。





続きを読む >>
| 大阪の展覧会 | 01:03 | - | - |
クレマスター3
マシューバーニーのクレマスター3の特別上映が九条のシネヌーヴォで上映中だ。

22日から28日までと短い期間なので、今日特別整理券番号「1番」で入場し、鑑賞する。

リチャードセラが、フリーメイソン役や彫刻家役として登場しているのも見所ではあるが…。

義足のアスリート、エミー・マランスのフィルムに映る存在感が印象に残っている。

濃密なイメージ、アメリカの文化、歴史、個と集団、ケルト文化、ヴァイオレンス、フロイト、素描、彫刻、腐敗、様々なものが等価に、登場する。

グッゲンハイム美術館での上下するパフォーマンス、華やかな衣装、カウンターカルチャーとしてのパンクミュージック…義足の女…、ラインダンス、ファインアート…、そして、セラ。
まるでバーニーの個人史のよう。でも断じてそれだけではない。
でもそれが何かと聞かれても言葉がウマく出てこない。
彼の美学とかセンスとか、…。

マシューバーニーのロッククライミングは少し長ったらしい気もしないでもない。
冒頭、「ケルト神話」は少し作り込み過ぎかもしれない。
「現在超克の通過儀礼」は、なんだろう。

あの独特の、ゆうっくりズームしていくカメラワークは不気味だ。

すごくお金のかかった映画だと思う。
入場料は2500円…、そういう意味では安いと思います。

過剰な感情は全然残らない。
見終わったあとはただ、酩酊感が残ったままだと気づいただけだ。

Cremaster 3 (Cremaster)

ジ・オーダー from Matthew Barney's Cremaster3
| 大阪の展覧会 | 22:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
菅本志雄/臨界状況
モノ派の菅本志雄の作品、臨界状況を鑑賞する。

その後ろではウーファン氏の2つの石と2つの鉄板があった。

それはまあいいですのです。


いまは臨界状況の話。

鑑賞しながら彼の作品が、彼の観念のグラフ的な視覚化ではないかと捉えた。

その中での石はまさに他者性(ウーファンの談)、を表していると思う。

そういえる根拠は、今回の再制作で使用していたものが小石であって、当時の、発表当初のときは煉瓦の破片を使用しているところに顕著だ。

中央部分の小石の連続体はまさに「そのもの」であるが、ウーファン氏が「内と外」、関係性に重点を置いているのに対して、彼の作品群は高松次郎に見られるような、当時潮流にあった、トリック性、逆遠近、の系譜にあるのではなかろうか。

つまり具体的に言えば臨界状況で使用された素材が石であり、金網であり、木材であったりしつつも、自然界の表層、と等価であり


石=石 かつ 石→石 という矛盾した、作者の哲学表明


といえそうだ。

ぱっと見、無数の小石が二次曲線を描きながら上方へ向かっている様相は、エネルギー本流を表してるかのようだが、それ自体が重要ではなく、その二次曲線、その小石の重みにより弛んだ金網、その中で水平に遠近的に排された手前と奥の  石   。


この石が重要なのだ。


ここではウーファン氏の作品にある関係性だけでなく、だまし絵的な虚構性、ストーリー性すらも存在する。

モノ派にあって結構特殊ではなかろうか。

手段こそ違えども、ジオラマと言ってもいいかもしれない。

こういう言い方をしたからといってかれの作品を軽視することになるわけはない。

今日において彼の作品が面白いと、再注目すべきだと思うのは、そうした、出現と外観の(メタファーとシンボルの)揺れ動く両義性を嗅ぎ付けてしまったからだ。


モノ派再考、を国立国際美術館で鑑賞したが中にはアルテ・ポーヴェラのパクリだけやなというフォロアーの作品もままあった。

しかし決して図版では味わえない発見が確かにこの作家の作品に込められているのを感じた次第。

| 大阪の展覧会 | 00:49 | - | - |
須田さんの睡蓮

昨日は国立国際美術館で6月27日から開催されている(9月18日までやっているみたい)「三つの個展:伊藤 存×今村 源×須田 悦弘」と「コレクション1」観に行きました。
関西地区に住まれてる方はぜひ観に行って下さい。



伊藤 存さんの作品は刺繍を平面作品に用いてシュールな画面を作っているわこうどです。

モチーフの組み合わせ方はすごいです。ポップです。映像作品まで見れちゃいました。



今村源の作品は日用品をちょっと加工したようなオブジェが多いお方です。
くるくるよく回っています。

ホントあれは…言葉での説明はなかなか難しいですが、広い展示空間で日用品がとにかく
クルクルクルクル回っている様は、すごいです。

カニもすごかった。
あと、巻取糸自動制御装置も。



最後にぼくは、須田 悦弘さんのフォンなんで楽しみにしていたんですが…。
やっぱりよかったです。

須田さんというお方は植物を精巧に造形した 木彫がトレードマークです、が。
すごくリアルな造形をされるんです。

でも、そんだけじゃないんですね。

なんといっても展示している空間と作品との響きあいというか呼吸が感じられるんです。

ワビ・サビ。
利休のおもてなし。
…作品との濃密な一期一会。

ちょっと夢中で鑑賞してて、「チューリップ」という作品が地下三階内にはなくって、後先考えずに地下二階の柱まで戻って、観に行ってしまいましてね…。

一旦会場を出てしまった格好になってしまったんです。

受付の人の再入場は原則無理というのを制止して(当然の説明ですよね)、須田さんのチューリップを観てきただけですからぁ、と屁理屈こねると、ありがたい、入れてもらいました。

ありがとうございました。受付のお姉さん。


そうそう、アサヒビール大山崎山荘美術館所蔵の「睡蓮」!今でも脳裏に蘇ります。
静寂。
視界に水は無いのに無限に水たまりが広がっていくかのようです。

雑草もしょぼんと、目立たないところに密やかに展示されてました。
いいわぁ。須田さんの空間センス。



また須田さんの睡蓮を観に行きたいなぁ
PS:コレクション1展で川俣正さんの作品見れます…、グッときました。
相変わらずキーファーの作品からビート感じましたし、リヒターの抽象画は凡庸でした。


| 大阪の展覧会 | 00:53 | comments(0) | trackbacks(1) |
国立国際美術館のゴッホ展/シュテファンなんとか

作品は、五月山で撮影した何とも不思議な、「完成された」木を書くのだ。時間がないから がーっ とやるしかあるまい。

今日は国立国際美術館のゴッホ展に行ってきた。
同時開催されていた、シュテファンなんとか、初期の彫刻は面白かった、視点はそう、裏をついてるというか、確信犯というか…作品が表層的のカジュアルにみえてその実、周到に空間の構成はビシビシ感じられた。
個人的にはあまり好かん。
どうしても「奇を衒う」というへそ曲がりな作家性を感じてしまったからだ。
でもきっと彼は、そういう場を極力避けようとしてるのだろう、そして行き着いたところが今作品の、平面作品と木彫りの組み合わせ…最新作に関しては失敗だなと思う、作家の実験性だけが先攻してた、彼はそれを容認してしまっていた。
つまり二流の作家というわけだ。

ゴッホ、ドローイングの「老人の悲しみ」「孤独」とドローイングが
素敵すぎた。「落ち葉」も眩い光線が絵画空間を支配してた。ゴーギャンもおもろかった。あとはショップにお客さんがわらわら集ってたので図版は買わないことにした。梅の絵はなかったしね(ゴッホ家に代々伝わるブルーの空に花が開いた絵)

| 大阪の展覧会 | 01:22 | comments(0) | - |
| 1/1PAGES |